布ナプキンをつくりました

a0157278_954980.jpg


家にあった余り布で
生理用布ナプキンを作ってみました。

備忘録用に
材料を書いておきます。

★材料
・【表地】木綿←やわらかめの吸収のよさそうなもの・ネル、スムース、ガーゼなど
・【吸収生地】使い古したタオル、さらしをたくさん
・【防水】「透湿防水布」←通販で購入
・【パイピングテープ】木綿←今回はガーゼで自作
・【裏表用タグ】リボンの端キレとか、目印になるものでok 今回はリネンの布で自作

★用意する道具
・ミシン←手縫いでも可
・型紙←女性用のパンプスインについてくる、足のカタチをした厚紙


■作り方

①型紙に沿って布を切っておく

②布を順番に重ねる
【表地】1枚(※こちらが肌に触れる側)

【タオル地orさらし】を数枚 (今回は『タオル地3枚』『さらし5枚』 の2バージョン作ってみた)

【透湿防水布】

【表地】1枚(※ショーツ側)

③パイピングテープでまわりをぐるりと囲んで縫う
※ショーツ側には目印のタグを一緒に縫い込む


だいたいこんなカンジ。。。
今回は初めての制作なので
吸収生地をタオルとさらしの2種類つくりました。

表地は
赤の模様のスムース生地が余っていたこともあり
なんとなく生理用品だし、赤い色がいいだろうという思いで
暖色系にしました。
パイピングテープも余っていたチェック柄のガーゼを
バイヤスに切って使いました。

パンプスインの足形の型紙を使うと
布に印をつけるときとってもカンタンでした。
大きいカーブの方をおしり側にするといいそう。
a0157278_9542725.jpg


やはりショーツへのもれが気になったので
「透湿防水布」というものをショーツ側に入れ込みました。
肌側とショーツ側と一目でわかるように
自作のタグを一緒に縫いました。

この「透湿防水布」、湿度は逃して、水分のもれを防ぐというものだそうです。
コチラで購入。


布ナプキンに興味を持ったのは
ここ数ヶ月のこと。

女性にとって
生理とは
毎月の大変なお仕事、
というか
厄介で、メンドクサイもの。

私は生理痛はそれほど重くなく、周期も安定していたけれど
若い10・20代のときは
こんなにたくさん血が出てなんだかなんだかイヤだなあ〜と
思っていた。

それが
30代後半になって、気がついたこと。
少しずつ血液の量が減ってきたのが分かった。
若い頃とナプキンの交換頻度がチガウ。。。
婦人科に通って飲んでいた薬の影響もあるらしかったが
とにかくだんだんと生理のたびに
若いころとはちがうんだ
という思いにかられるようになった。

たくさん放出して
捨てていた私の血液。。

めんどうだと思っていたことが
それがいずれなくなるかもしれないという
さみしい気持ちに変わっていった。

そんな気持ちになっていたとき
ちょうど生理になり、ナプキンをきらしてしまっていた。
夜でくつろいでいた時間だったので、これから買いにいくのもちょっと。。。

急遽、使い古しのタオルで一晩過ごしたところ…

それが結構快適だった〜♬。
ちょっとフワっとして
なんだろう?
紙ナプキンのシャリシャリしたカンジが無いカンジ?
ちょっとオムツのかんじに近いのか、それによる安心感なのか(笑)


俄然布ナプキンに興味が湧いてきたのでした。
感触
そして加齢による生態変化への対応…


裏表を見分けるタグには
消しゴムはんこでつくった
ざくろのマークをぽちと押しました。

この布ナプキンで
生理周期を楽しくすごせたらいいなという思いをこめてみました。
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-27 11:12 | 日々の暮らし | Comments(0)