a0157278_954980.jpg


家にあった余り布で
生理用布ナプキンを作ってみました。

備忘録用に
材料を書いておきます。

★材料
・【表地】木綿←やわらかめの吸収のよさそうなもの・ネル、スムース、ガーゼなど
・【吸収生地】使い古したタオル、さらしをたくさん
・【防水】「透湿防水布」←通販で購入
・【パイピングテープ】木綿←今回はガーゼで自作
・【裏表用タグ】リボンの端キレとか、目印になるものでok 今回はリネンの布で自作

★用意する道具
・ミシン←手縫いでも可
・型紙←女性用のパンプスインについてくる、足のカタチをした厚紙


■作り方

①型紙に沿って布を切っておく

②布を順番に重ねる
【表地】1枚(※こちらが肌に触れる側)

【タオル地orさらし】を数枚 (今回は『タオル地3枚』『さらし5枚』 の2バージョン作ってみた)

【透湿防水布】

【表地】1枚(※ショーツ側)

③パイピングテープでまわりをぐるりと囲んで縫う
※ショーツ側には目印のタグを一緒に縫い込む


だいたいこんなカンジ。。。
今回は初めての制作なので
吸収生地をタオルとさらしの2種類つくりました。

表地は
赤の模様のスムース生地が余っていたこともあり
なんとなく生理用品だし、赤い色がいいだろうという思いで
暖色系にしました。
パイピングテープも余っていたチェック柄のガーゼを
バイヤスに切って使いました。

パンプスインの足形の型紙を使うと
布に印をつけるときとってもカンタンでした。
大きいカーブの方をおしり側にするといいそう。
a0157278_9542725.jpg


やはりショーツへのもれが気になったので
「透湿防水布」というものをショーツ側に入れ込みました。
肌側とショーツ側と一目でわかるように
自作のタグを一緒に縫いました。

この「透湿防水布」、湿度は逃して、水分のもれを防ぐというものだそうです。
コチラで購入。


布ナプキンに興味を持ったのは
ここ数ヶ月のこと。

女性にとって
生理とは
毎月の大変なお仕事、
というか
厄介で、メンドクサイもの。

私は生理痛はそれほど重くなく、周期も安定していたけれど
若い10・20代のときは
こんなにたくさん血が出てなんだかなんだかイヤだなあ〜と
思っていた。

それが
30代後半になって、気がついたこと。
少しずつ血液の量が減ってきたのが分かった。
若い頃とナプキンの交換頻度がチガウ。。。
婦人科に通って飲んでいた薬の影響もあるらしかったが
とにかくだんだんと生理のたびに
若いころとはちがうんだ
という思いにかられるようになった。

たくさん放出して
捨てていた私の血液。。

めんどうだと思っていたことが
それがいずれなくなるかもしれないという
さみしい気持ちに変わっていった。

そんな気持ちになっていたとき
ちょうど生理になり、ナプキンをきらしてしまっていた。
夜でくつろいでいた時間だったので、これから買いにいくのもちょっと。。。

急遽、使い古しのタオルで一晩過ごしたところ…

それが結構快適だった〜♬。
ちょっとフワっとして
なんだろう?
紙ナプキンのシャリシャリしたカンジが無いカンジ?
ちょっとオムツのかんじに近いのか、それによる安心感なのか(笑)


俄然布ナプキンに興味が湧いてきたのでした。
感触
そして加齢による生態変化への対応…


裏表を見分けるタグには
消しゴムはんこでつくった
ざくろのマークをぽちと押しました。

この布ナプキンで
生理周期を楽しくすごせたらいいなという思いをこめてみました。
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-27 11:12 | 日々の暮らし | Comments(0)

ふろしきバッグ

a0157278_11332747.jpg



手芸店でリングを買って
風呂敷を結んで
簡単なバッグをつくりました。
浴衣にあわせようと思っています。

ちょっとしたお出かけにはいいかな。

ただ生地が薄いので
中に重さのあるものを入れるには
向かないかも。
改良の余地アリ。
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-25 11:22 | 日々の暮らし | Comments(0)

Bettie Page の全身はんこ

a0157278_12341830.jpg


ベティ・ペイジ
1923 - 2008年 (数年前までご存命だったとは知らず…)
をイメージした
全身はんこです。

今回の全身はんこを作るのは
SHINeeの5人以来でもあり、
ひさびさに彫り甲斐を感じましたわ。。。

とくに
足もとのストッキングの表現、
今回はじめて消しゴムを削ってみました!
普段彫る時に使っているデザインカッターで
表面をジョリジョリと……
それはまるで
淑女の御御足の産毛のお手入れをさせていただくような
甘美な感覚を味わいました

……
てのはウソですけど。。


でも女性のボディラインを彫るときは
とくに集中して彫りますね〜

ラインが大事。


a0157278_12342941.jpg


この削り技では
ハイライトを当てたいところに
場合によっては三角刀も使っています。
シアーストッキングの曲面の足の輪郭近くの黒い部分を
カッターの刃先で削ります。


a0157278_1242536.jpg

上のラバー手袋の場合は
三角刀で適度にジグザグ彫ると
ハイライトがうまく表現できます。


シアーな削り表現は
次回のはんこで練習していきます。


↓ストッキングを直してあげる仕草がカワイイ

[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-19 12:52 | 著名人のはんこ | Comments(0)

a0157278_1724517.jpg


現在スポンジはんこに挑戦中です〜

スポンジはんこは
厚さ1〜2mmほどのスポンジシートを
はさみ、またはカッターで切ってつくります。
スニップアートスタンプとも言うそう。

浴衣生地にスタンプ
網模様の染め柄に負けないよう
大胆でフォルムでベタ面が多いデザインにしました。
イメージとしては
マティスの切り絵みたいなかんじ?
a0157278_17414661.jpg



↑あ、これ、わかめのイメージなの。。。
これから他にもペタペタ押す予定。



おうち用ワンピース
a0157278_17243569.jpg



これで手ぬぐいも作ります。

暑さ本番までに出来上がる予定〜〜
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-13 17:47 | 日々の暮らし | Comments(0)

a0157278_12323148.jpg

a0157278_12324355.jpg


パッチワーク教室で作った
コスメポーチ。

幼稚園児のもつバッグみたいになってもうたw

はじめ
飾りボタンを薄いピンク色のものにしようとしていたら
教室の先生と皆さんが「パープルの方が合うよ〜」というので変更。

布選びも
みんなでワイワイしながら決めたりして

縫い物ってみんなですると
はかどるから不思議。
時間を限って集中するのがいいのでしょうね。
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-10 12:27 | 日々の暮らし | Comments(0)

渋谷Bunkamuraのル・シネマにて
映画「クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち」
観てきました。

a0157278_9394829.jpg

(↑以前作ったクレイジーホースをイメージしたスタンプでござい。。実際の雰囲気はもっと大人っぽいの…)

映画を観にいくのに
数日前からウキウキしてしまった
というか映画が公開されると知ったときから
テンションあがってました。

クレイジーホースは
パリにあるナイトキャバレーで
女性美があますところなく披露されるショーが有名ですが
今回の映画では
ダンサーの楽屋でのお気替えシーンや、スッピンでの練習風景、
舞台監督、芸術監督、衣装スタイリスト、経営支配人の製作会議など
を垣間みられたところが
私にとって大きな喜びでした。

はじめてクレイジーホースのショーを観たのは
2006年の10月でしたが
そのときはそのアヴァンギャルドで芸術的でカッコいいショーに
釘付けになって、
ただただそのお人形のようにかわいく色っぽいダンサーの動きにしか目がいってなかったような気がします。

ダンサーのお化粧前の顔や
監督に指摘されつつ、汗かきかき練習したり
楽屋で笑っている20代の女の子たちの素顔、、
そういうの人間くささを目にして知って、
裏の部分を堪能し、
また完璧な表舞台であるショーを観るのもいいな〜と思いました。

製作の人間の
会議ではみなよくしゃべる。意見バンバン。
でも芸術監督のアリ・マフダビ(ディタ・フォン・ティースのDVDのメイキングにもよく映っていてそのスキンヘッドや独特の雰囲気がわすれられない…)が
すんごくいいことを言う。女性必聴。

友人と映画直前まで話していた
パリのランジェリーショップ「fifi」のFifi Chachnil フィフィ・シャシュニルが
衣装監督として出演していたのにもビックリ。
衣装へのこだわりがさすがプロ。
そして自身のファッションもかなり目立ってた…

そして映画が終わってから
友人と話題になったのが
ダンサーたちが練習に着ていたウェア(というかランジェリー?)のこと。
黒のシンプルなものなんだけど、
上には背中で黒のストラップがクロスしてるキャミソール?みたいなのとか
Tバックまでお尻がでてなくて、お尻の真ん中くらいまでのショーツ?
とかがものすごくカッコいいので
自分たちも(似合うかどうかは別としても)欲しくなってしまった。

ああいうのはどこに売ってるんだろう?
しかも売っているお店で聞くときに
名称がわからないと探しにくいし…

いろいろと話して
どうやらブラジリアンカット?というらしいことがわかった。


ネットで検索したら
ピチっとした薄手生地にショーツがたくさんヒットした。
そしてモデルさんのヒップが
豊満なこと。。
こういう体型だからこその
このカタチなのね、、とは思ったものの
でもこれからの夏の季節
薄手の下着は必須ですから
何枚か買ってみようかしらん。
[PR]
by fumiwo-tcd | 2012-07-05 10:44 | 日々の暮らし | Comments(0)